活性化リンパ球療法

多数の施設で広く使用されているリンパ球療法です。ガン抗原特異的なCTLを誘導しているわけではないので、その作用機序は不明です。活性化したTリンパ球から産生されるサイトカインやT細胞の培養時に混入しているNK細胞により免疫が活性化することで効果が出るのではないかと考えられます。