免疫細胞療法研究支援

当社で行っております免疫細胞療法の研究支援についてご紹介いたします。


免疫細胞療法について

ガンの新しい治療法

今までの悪性腫瘍(以下、ガンと略)の治療法は①手術、②化学療法、③放射線療法という三大療法が中心です。これらの治療法の重要性は今も変わりませんが、体の負担が大きく、副作用が強い場合もあり、患者さんにとってつらい治療法となっています。特に、進行癌の場合には、抗癌剤の大量投与や放射線の大量照射による負担で、結果的に寿命を縮めてしまう場合もあります。また、これらの三大療法の適応がなくなったということで、患者さんの気持ちとは無関係に治療の中断を宣言されて転院を迫られたとの話も聞こえてくるのは残念なことです。しかし、そのような場合でも対応できるガンの第4の治療法として免疫細胞療法が注目されています。
 
免疫細胞療法は、患者さんの低下した免疫力を高めて、患者さんの体内の異常細胞(ガン細胞、ウイルス感染細胞 など)を排除し、副作用が少ない体にやさしい治療法です。
さらにその他の優れた点として、外来治療が可能、QOLが改善、初期ガンでも末期ガンでも治療可能、転移・再発を予防、痛みを緩和、化学療法の副作用を軽減する可能性など があげられます。

ガン細胞を破壊するのにNK細胞が主な役割を果たすのがNK細胞療法、CTLが主な役割を果たすのがCTL療法とDC療法です。活性化Tリンパ球療法の効果は、NK細胞が主体なのか、CTLが主体なのかは不明です。いずれの免疫細胞療法も、保険外診療となります。
ガンの免疫細胞療法として、NK(ナチュラルキラー)細胞療法、CTL(細胞傷害性Tリンパ球、キラーTリンパ球)療法、DC(樹状細胞)療法、活性化Tリンパ球療法などがあります。いずれの免疫細胞療法も免疫系全体を活性化しますが、最終的にガン細胞を傷害するのはNK細胞かCTLのどちらかです。